Make プログラミング

WRO Japan R-Sports <ウェイトリフティングチャレンジ>

こんにちは、HiROYUKIです。
LEGO EV3を始めとしたNXT、wedo2.0、Power Functionsなど使用して
テクニックパーツで、役に立つかもしれないモノを作ったり
プログラミングをしますが、経験値は超初心者です。

今回もたのしくLEGOを作り続けます!

LEGOやロボットが大好きだ!

ものづくりを楽しみたい!

この記事はこんな人にオススメです!

・LEGOがとっても好き!
・ものづくり初心者。
・IoTに興味がある。


WRO Japanは、2020年5月にR-Sports Challenge(Robotics Sports Challenge)を
オンラインにて,発表しました。

R-Sports Challengeは、ロボットに関心のある方が,自分たちの持っている知識と
技術を活用し,オリンピック競技をまねたミッションをクリアするための
自律型ロボットを製作し,インターネット上で映像などを用いてその成果を
発表するものです.

<WRO Japan ホームページ-R-Sports Challenge->
https://www.wroj.org/2020/rsports-2020

5月には、「フリースロー」、6月は、「ランニングチャレンジ」、
7月は、「ウェイトリフティングチャレンジ」が
発表されLEGOのロボットによるオンラインロボコンに今回も僕は挑戦しました。

ルールは、350mlの缶飲料を高さ21センチ上まで持ち上げるという内容です。
簡単そうに見えますが、350mlは以外に重いのです(:_;)
持ち上げるアームの耐久性・軽量化、さらに重心のバランスに試行錯誤しました。

<ロボット画像>

さらに、立て、横、奥行がすべて25センチ以内のロボットというルールもあり
思うようにいかず、2日間も試行錯誤しました。
けど・・・いちばん苦労したのは、下の画像のギミックでした。

<アイスおじさん登場画像>

WROロボコンは由緒正しい世界中の青少年のための
ロボット制作、プログラミング技術等の育成のためのロボコンです。

僕もかつては沖縄の青少年の育成に携わった人間ですが
「このロボコンに”ユーモア”があれば、もっと楽しいのに」っと
いつも胸のどこかに引っかかるものがありました。

という事で、この正解のないオンラインロボコンで僕は
楽しいロボコンにしたいの一心でゆる〜く、しょーもない
動画をアップしておりますので、御覧下さい(笑)

<WRO Japan 7月フリースローチャレンジ動画>

=過去動画アーカイブ=

<WRO Japan 5月フリースローチャレンジ動画>

<WRO Japan 6月ランニングチャレンジ動画>

ロボコン(米ロボットコンテストの略)という割に
二足歩行や、変形、ビームサーベル(ガンダム)みたいな
ギミックがありません。他の選手も出てこない。

もっと、ロボットのロマンである変形なんかあると
きっと見せる側も、見る側も楽しめるロボコンになるんじゃないかなぁ。

僕のYoutubeは、登録者数を増やしたり、視聴数を増やす事は
ハードルが高いと思ってます。ニッチな世界なので(^^;
けど、見てもらって少しでも”クスリ”と笑っていただけたら
うれしいですね。

今回も最後まで見ていただいてありがとうございます。
これからもLEGOを作り続けます。

-Make, プログラミング

Copyright © 2021 block × TECH , All Rights Reserved.